脳をパーテーションレンタルか何かして

文系だとか理系だとか、海外ではあまり分けないと聞いたことがあります。
さらにいうと、いちいち区切っていたら思考を狭めてしまうではないか、
とも聞いたことがあります。
まさに私もそう思います。
得意分野を持つことはどのような分野でも必要なことですが、
それしかしないと言うのは、得意なものを壊しかねない窮屈な思想だと思うのです。
言ってみれば、脳をパーテーションレンタルか何かして借り物の区別をしている状況で、
無意識的に別の分野への思考を寸断しているのです。
サヴァン症で風景が数字に見えるという例がありましたが、
そういう情緒的な理系も当然あっていいし、
超論理的な文法を用いた文学だっていいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です