もっといえば豊胸しているバイセクシャルのかたなどにも話を聞いて見る。

倫理観の教育ほど難しいものはないと個人的に思っています。
多くの塾に通わせて、英才教育を施した子が親を殺してしまったとか、
警察官の息子が犯罪常習者にとか、親がしっかりしていると思われていても、
コピーのように子供が同じにはならないのです。
むしろしっかりしている分、気づかず子供を抑圧させているということが多くあるようです。
勉強も大事ですが、人との関わりをもっと学ぶ必要があります。
たとえば、家族以外のおじいさん、おばあさんや、赤ちゃんや子供、
もっといえば豊胸しているバイセクシャルのかたなど、人には色々いて、
それぞれ関わって生きているということを知る必要があります。
もしかしたら、教育という区切られたカテゴリーがそもそもの問題なのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です